初音市営地下鉄の車両

形式名:初音市営地下鉄1000形

両数:6両固定編成

1両当たりの長さ:19m

登場年月:1980年

制御装置:VVVF-GTO(08~13編成)・VVVF-IGBT(14~17編成)

編成数:10編成60両

 

1980年の中央線開業から現存する車輛。登場時は電機子チョッパ制御だったが、登場から20年たった2000年から全車両のVVVF化更新が始まり、現在全車両がVVVF制御車となっている。

形式名:初音市営地下鉄2000形

両数:6両固定編成

1両当たりの長さ:19m

登場年月:1990年

制御装置:VVVF-IGBT

編成数:4編成24両

 

1990年の新初音駅開業と同時に製造された車輛。制御装置は電機子チョッパ制御。

登場から20年たった2010年に全車両のリニューアル工事が始まり、現在全編成がVVVF制御車に更新を完了している。

形式名:初音市営地下鉄3000形

両数:6両固定編成

1両当たりの長さ:19m

登場年月:1999年

制御装置:VVVF-GTO

編成数:7編成42両

 

1999年の初音急行電鉄線との相互直通乗り入れに合わせてデビューした中央線の現主力車両。制御装置はVVVF-GTO。

最終増備編成である28・29編成は前面ライトの形状が違うほか、シングルアームパンタグラフを採用、さらにVVVFのメーカーも別メーカーのものを使用している。

形式名:初音市営地下鉄3030形

両数:6両固定編成

1両当たりの長さ:19m

登場年月:2016年

制御装置:VVVF-IGBT

編成数:7編成42両

 

登場から30年以上たつ1000形の置き換えを目的に新造した車両。
制御装置はVVVF-IGBT。

3000形をベースに製造、車内は木目調の化粧板となっており、快適な車内環境を実現している。また、ドア上にLCD画面が付いており、海外からの観光客向けの案内も見やすくなった。

1000形全17編成を2020年までに本形式に置き換える予定。

形式名:初音市営地下鉄7000系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:1996年

制御装置:VVVF-GTO

編成数:7編成56両

     

1996年の東西線開業とともにデビューした東西線専用車両です。

中央線とはまた違った地下鉄を作り上げると言うコンセプトで製造されました。

※名古屋の方の奴とそっくり?気のせいデス☆

形式名:初音市営地下鉄8000系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2013年

制御装置:VVVF-IGBT

編成数:8編成64両(一次車)

    2編成16両(二次車)

 

2013年、初音高速鉄道初音線での直通急行運転開始に合わせて製造された東西線専用車両です。
「快適な車内環境を作り上げる」ことを目的に製造されており、ドア上にはフルカラーLCD画面を設置し、車内インテリアも木目調の化粧板を使用しております。

また、2018年から二次車の増備も始まっており、今後運用がもっと増える予定です。

形式名:初音市営地下鉄9000系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2017年

制御装置:フルSic素子VVVFインバータ

編成数:15編成120両

 

2017年、初音高速鉄道初音線と初音市営地下鉄東西線直通特別快速運転開始に伴い、製造された東西線専用新型車両です。

時崎新高速鉄道T8000系をベースとしており、車内インテリアも同社に準じた構造となっており、空港線車両の9030系や、N6000系のベースとなり、初音市営の新時代の車両達のベースとなりました。

形式名:初音市営地下鉄N6000系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2018年

制御装置:フルSic素子VVVFインバータ

編成数:1編成8両

 

製造が中止になった9000系の代替として、8000系の製造元である「芳南急行電鉄」で製造された新型車両。

8000系に準じた車内インテリアであるものの、車両性能は9000系をベースとしており、東西線の新時代を切り開く車両として期待されております。

 

形式名:初音市営地下鉄9030系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2018年

制御装置:フルSic素子VVVFインバータ

編成数:1編成8両

 

2018年の空港線開業に向けて作成された空港線専用車両です。

新規開港予定の初音空港から見える夕焼けをイメージしたオレンジに、海辺をイメージしたデザインを取り入れたカラーリングになっております。

現在第1編成が落成しており、今後空港線開業に向けて試運転を重ねる予定です。

形式名:初音市営地下鉄2100系

両数:4両固定編成

1両当たりの長さ:16m

登場年月:2017年

制御装置:VVVF-IGBT

編成数:15編成60両

 

2017年の南北線開業とともにデビューした南北線専用車両です。

初音市営初のリニア駆動式地下鉄車両です。

南北通りをイメージしたスミレ色(バイオレット)を纏っており、和をイメージした内装になっております。

 

初音急行電鉄の車両

形式名:初音急行電鉄7000系

両数:6両固定編成

1両当たりの長さ:19m

登場年月:1999年

制御装置:VVVF-GTO

編成数:7編成42両

 

1999年の初音急行電鉄線開業と同時にデビューした初音急行電鉄の主力車両です。制御装置はVVVF-GTO。

シングルアームパンタグラフを採用しており、さらに快適な車内空間の実現した省エネ車両です。

主に平日の朝は快速、夕方は急行として運用しております。

初音高速鉄道の車両

形式名:初音高速鉄道1000系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2005年

制御装置:VVVF-IGBT

編成数:  0番台 20編成160両

               30番台 10編成80両

               40番台   6編成48両

 

2005年の初音高速鉄道初音線開業と同時にデビューした初音高速鉄道の車両。

市営地下鉄との乗り入れも同時に開始してることから市営地下鉄での運用もこなせるように設計されており、現在でも初音高速での主力車の地位を獲得している。

2007年には制御装置を一部変更し、集電器をシングルアームパンタグラフへと変更した増備車の30番台も登場しており、今後も主力として活躍する車両である。

また、2017年からの特別快速運用開始に合わせて車両性能を調整されているほか、支線用の4両編成を転属改造した車両が40番台となり編入している。

形式名:初音高速鉄道2000系/2030系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2017年

制御装置:VVVF-IGBT

編成数:29編成232両(2000系)

    44編成352両(2030系)

 

2017年からの東西線、初音高速線直通特別快速に合わせてデビューした初音高速鉄道の新型車両。

時崎新高速鉄道T3000R系をベースにしているが、T3000Rが拡幅車体なのに対し、当車は標準幅車体となっており、完全新造で製造された。

また、特別快速専用に2+1の座席配置となっている、2030系も属している。

現在合計で73編成属している。

形式名:初音高速鉄道3030系

両数:8両固定編成

1両当たりの長さ:20m

登場年月:2018年

制御装置:フルSic素子VVVFインバーター

編成数:20編成160両

 

 

2018年からの初音高速線8両化、および大和市営地下鉄線との相互直通運転に際し、デビューした新型車両。

初音高速初のフルグラスコックピット、ドア上フルサイズLCD画面が搭載されている。